CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
意識の進化的起源: カンブリア爆発で心は生まれた
意識の進化的起源: カンブリア爆発で心は生まれた (JUGEMレビュー »)
トッド・E. ファインバーグ,ジョン・M. マラット
RECOMMEND
ティク・ナット・ハンの般若心経
ティク・ナット・ハンの般若心経 (JUGEMレビュー »)
ティク・ナット・ハン,Thich Nhat Hanh
MOBILE
qrcode
<< 京都人にも教えたい京都百景 | main | 雪の京都:実相院、曼殊院 >>
君たちはどう生きるか
0

    JUGEMテーマ:最近読んだ本

    JUGEMテーマ:最近の流行り

    漫画君たちはどう生きるか(マガジンハウス)

     

    はやっていると言うことで、購入して読んでみた。どうなんだろう。本が良く読まれると云うことはそこに引かれる読者がいるということで、どう生きるかというようなずばりのテーマを持っている人が結構多いというのはすばらしい。この本の主人公のコペル君と生き方の交流をするおじさん世代よりも私は年上で、自分がこういう問にこう答えられるだろうか、と考えながら読んだ。ひとつは友人との関係、いじめ、80年前から同じようなテーマが存在し、だとすれば、これらは人間に時代を超えた普遍的な課題なんだと意外に驚かされる。すこし同感できないのはナポレオンが出てくるところで、「英雄とか偉人とかいわれている人々の中で、本当に尊敬できるのは、人類の進歩に役立った人だけだ。そして、彼らの非凡な事業のうち、真に値打ちのあるものは、ただこの流れに沿って行われた事業だけだ。」というのは「英雄」が存在できた時代の話しですね。そう思うのはたぶん現在では人類の進歩とはなにかと云うことが問われているからかも知れないし、一人一人の人間の活動があって、人類の進歩が成り立つと考える時代に我々は生きているからかも知れない。本の作り方としてはマンガ部分とおじさんのノート部分の文章部分がうまく統合されていて、読者が主人公と同化できるところが、ベストセラーになった理由なんだろう。

    | レビュー | 17:31 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする