CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
意識の進化的起源: カンブリア爆発で心は生まれた
意識の進化的起源: カンブリア爆発で心は生まれた (JUGEMレビュー »)
トッド・E. ファインバーグ,ジョン・M. マラット
RECOMMEND
ティク・ナット・ハンの般若心経
ティク・ナット・ハンの般若心経 (JUGEMレビュー »)
ティク・ナット・ハン,Thich Nhat Hanh
MOBILE
qrcode
<< 六角堂・ロームシアター・平城京創生館・京都国立博物館 | main | 「論文ボーッと書いてんじゃねーよ 読まれるテクとは」 >>
「大徳寺龍光院 国宝 曜変天目と破草鞋」@Miho museum
0

    JUGEMテーマ:仏教

    JUGEMテーマ:茶道

    JUGEMテーマ:展覧会

     

    「大徳寺龍光院 国宝 曜変天目と破草鞋」をMiho museumやっているということで,

    石山からバス50分かけて美術館に。今回は大徳寺普段未公開の塔頭の龍光院がその寺宝を展示すると言うことで注目を集めているが、中でも国宝 曜変天目は他の展覧会に比べて混乱していないので、身近に見られる。実質的な開山の江月宗玩和尚(1574〜1643)関連のもの、寛永文化の発信地となったため小堀遠州、松花堂昭乗らの書、扁額等が展示され、狩野探幽の絵も多い。龍光院で日常的に行われている、茶書の講義(看松会、熊倉功夫講師)、子どもを含む論語の読書会寸松会(安岡定子講師、安岡正篤の孫)、開祖江月宗玩の語録の勉強会(欠伸会、芳澤勝弘講師)、小堀月浦和尚による坐禅会などがミュージアムで行われる。昨日はミュージアムの館長でもある熊倉功夫先生の講演で、10時開演で整理券は30分でなくなった言われたが、別室でモニターで聞くことができた。1時間半の内容のある話しで、展示作品理解にもなった。特別展のパンフレットで知ったのだが4月13日から静嘉堂文庫美術館<http://www.seikado.or.jp/exhibition/next.html>、奈良国立博物館<https://www.narahaku.go.jp/exhibition/2019toku/fujita/fujita_index.html>でも他の国宝の曜変天目が公開されるらしい、4月上旬辺りから桜もきれいになりそうであり、must-seeだ。ただ5時終了なのだが、5時少し過ぎでバスは終了してしまうので、美術館とバス停の距離を考えると最終まではいられないことは要注意。私も乗り遅れたのだが、同じ方向に行く職員の人が御親切に石山まで送って下さった。

     

     

    | 美術館 | 09:55 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする