CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
意識の進化的起源: カンブリア爆発で心は生まれた
意識の進化的起源: カンブリア爆発で心は生まれた (JUGEMレビュー »)
トッド・E. ファインバーグ,ジョン・M. マラット
RECOMMEND
ティク・ナット・ハンの般若心経
ティク・ナット・ハンの般若心経 (JUGEMレビュー »)
ティク・ナット・ハン,Thich Nhat Hanh
MOBILE
qrcode
<< 上京大文化祭:磯田道史氏記念講演「上京区で日本史を語る」 | main | 毘沙門堂・安祥寺・得浄明院・平安神宮:春期京都特別公開 >>
藤田美術館展・東大寺・春日大社
0

    JUGEMテーマ:展覧会

    JUGEMテーマ:奈良の寺社仏閣

     

    奈良国立博物館で藤田美術館展をやっている。藤田美術館は大阪市にあり、国宝9件、重要文化財53件を含む日本・東洋美術を所蔵する美術館。明治期の実業家・藤田傳三郎とその息子平太郎、徳次郎兄弟の3人で集めた美術心を展示しているが、この度リニューアルで休んでいる間に奈良国立博物館で展覧会をやっている<https://www.narahaku.go.jp/exhibition/2019toku/fujita/fujita_index.html>。そこで日本にある国宝曜変天目の一つが展示されるということもあり、先日のMIHO Museumに続いて2椀目を見に行くことにした。Brutusも曜変天目を特集しているが、国宝3碗が公開されているということは奇跡的なことなのかもしれない。曜変天目は世界にこの3碗しかないと言われるが、最近中国の曜変天目の破片がみつことがあり、南宋の宮廷文物だということが示唆されている。ちなみにMIHO Museum自身の所有の加賀前田家伝来の曜変天目が現在展示されている。曜変天目を見るために来る人も多いのだろうが、大体1時間待ちの並び。そのあと他の展示物を見たが、なかなかいろいろあって楽しめる。それにしても明治の実業家はこういった当時の廃仏毀釈の影響で散逸しそうな美術品などを買い取っておいたのは偉いものだ。女優などと遊んでいる今どきのベンチャー企業者に見習ってもらいたいものだ。その後せっかく奈良に来たのだからと、東大寺へ。奈良は久しぶりだが外国人(どちらかというと欧米人か?)が多い。鹿は鹿せんべいに飽きてしまって食べ残しているのもいた。春日大社の方はその手前の萬葉植物園が藤が盛りだった。

     

    | 奈良 | 19:53 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする