CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
意識の進化的起源: カンブリア爆発で心は生まれた
意識の進化的起源: カンブリア爆発で心は生まれた (JUGEMレビュー »)
トッド・E. ファインバーグ,ジョン・M. マラット
RECOMMEND
ティク・ナット・ハンの般若心経
ティク・ナット・ハンの般若心経 (JUGEMレビュー »)
ティク・ナット・ハン,Thich Nhat Hanh
MOBILE
qrcode
<< 西国三十三カ所霊場(今熊野観音寺・上醍醐 准胝堂・三室戸寺・岩間寺) | main | 自閉症という知性:レビュー >>
暁天講座2019.7.2@霊山観音
0

    JUGEMテーマ:仏教

    JUGEMテーマ:京都

     

    京都の夏の風物詩ともいわれるようになっている暁天講座。基本は大手の寺院なのだろうが、霊山観音でも清水寺の森清範貫首がこられて、法話を今日、明日の二日される。今日の話はそもそもなぜここで毎年自分が、ということから入られた。霊山観音自体は第2次世界大戦の戦没者および戦争の犠牲者を追悼するため、帝産グループの創設者によって建立されたそうで、その相談に乗ったのが、清水寺の前貫首大西良慶猊下で、その関係で大西猊下自身も長いこと法話をされていたという。このあたりから言霊ということが本日のテーマとなり、話はいろいろ飛ぶのではあるが、サンフランシスコ講和条約に際し、ソ連の日本分割案に対し、セイロン(現スリランカ)代表ジャヤワルダナ氏がブッダのことば「人はただ愛によってのみ憎しみを越えられる。人は憎しみによっては憎しみを越えられない。実にこの世においては怨みに報いるに怨みを以てしたならば、ついに怨みの息むことがない。」を引用した話,それによって日本分割が防がれた、などが出てきたのはさすが。最後に文字にも霊がこもって、自分は今年の一文字にも心を込めて選んでいること。寺という文字も、自分が属している京都のお寺の住職さん達の集まりを土寸会としていること。痔、時、等、などとお寺の関係を説いたあと、持についてお寺に来るときはどすんとくらい持ってきてほしいという意味があるのですと、ジョーク?を言われた。持ってきてもって帰ってもらうのが法話。とまとめられた。なお令和の令は傘の下で拝むようなこと?明日もある。

     

     

     

    | 暁天講座 | 10:01 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする