CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
意識の進化的起源: カンブリア爆発で心は生まれた
意識の進化的起源: カンブリア爆発で心は生まれた (JUGEMレビュー »)
トッド・E. ファインバーグ,ジョン・M. マラット
RECOMMEND
ティク・ナット・ハンの般若心経
ティク・ナット・ハンの般若心経 (JUGEMレビュー »)
ティク・ナット・ハン,Thich Nhat Hanh
MOBILE
qrcode
<< 雪中:興聖寺→水火天満宮→本法寺→妙顕寺→御所→同志社→相国寺→上御霊神社→賀茂川 | main | 京の冬の旅:霊鑑寺 >>
阿弖流為:シネマ歌舞伎
0

    JUGEMテーマ:歌舞伎

     

    シネマ歌舞伎で現在やっているのは阿弖流為<https://www.shochiku.co.jp/cinemakabuki/lineup/31/>。2016年に上演されたものというが、なかなかすごい。「古き時代。北の民 蝦夷は国家統一を目論む大和朝廷に攻め込まれていた。そこに、かつて一族の神に背き追放された阿弖流為(市川染五郎)が、運命の再会を果たした恋人 立烏帽子(たてえぼし)(中村七之介)と共に戻り、蝦夷を率いて立ち上がる。一方、朝廷は征夷大将軍に、若くとも人望の厚い坂上田村麻呂(中村勘九郎)を据え、戦火は更に激化していく。戦いの中で、民を想うお互いの義を認め合いながらも、ついに2人が決着をつける時が迫り来ようとしていた。」(上記より)。この作品がかなり革命的な印象を覚えたのは、大和朝廷の中心(天皇に当たるはずだが)は実はなにもない、ということが示されたりする。阿弖流為は坂上田村麻呂との最終の戦いで死ぬとともに、「鬼」となるというちょうど昨日の「鬼と芸能」の鬼概念にもつながるような展開も面白かった。歌舞伎は伝承なだけでない、というところが面白い。
     

    | レビュー | 18:45 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする